[暗号資産取引所]Coincheck(コインチェック)の特徴5つと評判は?

取引所

暗号資産の取引所であるCoincheck(コインチェック)についてまとめました

暗号資産取引所のまとめ・一覧比較をした記事も書いているので、こちらもご覧ください

Coincheck(コインチェック)の特徴5つと評判は?

Coincheckの基本情報

暗号資産取引所Coincheckの基本情報を表にまとめました

会社名コインチェック株式会社
設立年2012年8月
本社所在地渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
取扱通貨数16通貨
登録関東財務局

特徴① 日本円から仮想通貨が買える

取扱通貨のすべてを日本円から直接購入できるのは、Coincheckを利用するメリットの一つです

暗号資産取引所の中には、暗号資産の種類によっては、ビットコイン(BTC)でしか購入できないこともあります

例えばビットコイン(BTC)でしかアルトコインを購入できないと、日本円からビットコイン(BTC)を購入する際とビットコイン(BTC)からアルトコインに購入する際の2回手数料が発生し、必要のない取引手数料を払うことになってしまいます

※アルトコイン=ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)

特徴② 16種類の暗号資産を売買できる

Coinchenkでは、

・BTC(ビットコイン)

・ETH(イーサリアム)

・ETC(イーサクラシック)

・LSK(リスク)

・FCT(ファクトム)

・XRP(リップル)

・XEM(ネム)

・LTC(ライトコイン)

・BCH(ビットコインキャッシュ)

・MONA(モナコイン)

・XLM(ステラルーメン)

・QTUM(クアンタム)

・BAT(ベーシックアテンショントークン)

・IOST(アイオーエスティー)

・ENJ(エンジンコイン)

・OMG(オミセゴー)

と、16種類の暗号資産を取り扱っています

国内の仮想通貨取引所では、最多の取扱通貨数です

特徴③ アプリが使いやすい

他の暗号資産取引所に比べて、アプリが使いやすいことで評判です

どのくらい使いやすいかは言葉では説明しづらいので、写真で示します

下の写真が、Coincheckアプリの画面です

このように、

①何円分ビットコインを買うか入力して

②購入ボタンを押す

だけで、暗号資産ビットコインを簡単に購入することができます

他の暗号資産でも同じ手順で購入することができます

特徴④ レバレッジ取引はできない

Coincheckでは、レバレッジ取引をすることができません

レバレッジ取引とは、簡単に言うと、お金を借りて大きな取引をすることで、大きく儲けようとする手法です

リターンが大きい分、リスクも大きく、上級者向けの取引方法です

レバレッジ取引をしたければ、国内取引所「GMOコイン」または、海外取引所の「bybit(バイビット)」をおすすめします

特徴⑤ 貸し仮想通貨サービスの展開

Coincheckでは、暗号資産を買った後、暗号資産を貸し出すサービスもあります

暗号資産を貸し出すことで、利子を受け取ることができます

一般にこの手法は、レンディングとも呼ばれています

年率はどれくらいなのか、表にまとめました

coincheckで暗号資産を貸す期間年率
14日間1%
30日間2%
90日間3%
180日間4%
365日間5%

Coincheck貸仮想通貨サービスでは、1年間の貸し出しで5%です

一般的な銀行の定期預金金利が1年もので0.01%から0.2%であることを考えると、遥かに有利な利率設定といえるでしょう

詳しくはCoincheckホームページをご覧ください

コインチェック|ホーム

結局、Coincheckはどんな人におすすめ?

暗号資産取引所Coincheck特徴はこの5つです

特徴① 日本円から仮想通貨が買える

特徴② 16種類の暗号資産を売買できる

特徴③ アプリが使いやすい

特徴④ レバレッジ取引はできない

特徴⑤ 貸し仮想通貨サービスの展開

これらの特徴より、Coincheckがおすすめな人は、ズバリこんな人です

暗号資産を始めたばかりの初心者

レンディングをしたい人

最後に

暗号資産取引所Coincheckの特徴がわかりましたか?

ここまで読んでみて、

「とりあえず公式サイトを見てみようかな」

「Coincheckに登録してみようかな」

と思った方は、こちらにリンクを貼っておいたので、チェックしてみてください

アプリもここからダウンロードすることができます

Coincheck

コメント

タイトルとURLをコピーしました