[暗号資産取引所]bitbank(ビットバンク)の特徴5つと評判は?

取引所

暗号資産取引所bitbankについてまとめました

bitbank(ビットバンク)の特徴5つと評判は?

bitbank(ビットバンク)の基本情報

暗号資産取引所bitbankの基本情報を表にまとめました

会社名ビットバンク株式会社
設立年2014年5月
本社所在地東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
取扱通貨数9通貨
登録一暗号資産交換業 関東財務局長 第00004号
bitbank

特徴① 取扱通貨数は9種類

暗号資産取引所bitbankでは、

・BTC(ビットコイン)

・XRP(リップル)

・ETH(イーサリアム)

・LTC(ライトコイン)

・BCC(ビットコインキャッシュ)

・MONA(モナコイン)

・XLM(ステラルーメン)

・QTUM(クアンタム)

・BAT(ベーシック・アテンション・トークン)

9種類の暗号資産を取り扱っています

特徴② アルトコインを「取引所」で購入することができる

bitbankでは、9種類の暗号資産を全て「販売所」「取引所」の両方で購入することができます

「販売所」・・・bitbankから暗号資産を購入する

「取引所」・・・個人同士で取引する

「取引所」では、他の人から直接暗号資産を購入(売却)するので、少し安く購入することができます

特徴③ スプレッド(売値と買値の差)が小さい

暗号資産取引所bitbankは、スプレッドが小さいと評判です

スプレッドとは、買値と売値の差のことです

一般的な取引所では、買うときは少し高く、売るときは少し安く取引させられてしまします

しかし、bitbankでは、スプレッドが小さく、正規の値段で購入することができます

つまり、ぼったくられないということです

頻繁にトレードする人は、少しのスプレッドがネックになるため、ありがたいと評判です

特徴④ アプリが使いやすい

bitbankはアプリが使いやすいことが評判です

下の写真はbitbankアプリの画面です

bitbankアプリを使えばこのように、

①暗号資産をいくら買うか入力

②購入ボタンをおす

の2ステップで暗号資産を購入することができます(写真はビットコインの例)

特徴⑤ APIが使える

APIとは、プログラムから暗号資産を注文できる仕組みのことです

そのため、APIというものを使って、プログラムで自動売買をすることができます

bitbankはAPI対応の暗号資産取引所であり、例えば、こんな自動売買プログラムが作れます

結局、bitbankはどんな人におすすめ?

暗号資産取引所bitbankの特徴はこの5つです

特徴① 取扱通貨数は9種類

特徴② アルトコインを「取引所」で購入することができる

特徴③ スプレッド(売値と買値の差)が小さい

特徴④ アプリが使いやすい

特徴⑤ APIが使える

これらの特徴より、bitbankがおすすめな人は、ズバリこんな人です

暗号資産をはじめて買う人

トレードしたい人

アルトコインをトレードしたい人

自動売買をしたい人

bitbank

最後に

下のページでは、bitbank以外の暗号資産取引所も紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました