[暗号資産(仮想通貨)]ブロックチェーンとは何なのか?いまさら聞けない仕組みやメリットを解説!!!

その他

仮想通貨の勉強を始めると必ず目にするこの言葉ブロックチェーン

よく聞く言葉ではあるけど意味やどういう仕組みなのかがいまいち分からないと思った方は多いと思います

しかし、ブロックチェーンは仮想通貨のトレードをしていく上で直接関係があるわけではないのですが、理解しておく必要があります

と、言うわけで今回は仮想通貨のブロックチェーンシステムについてお話ししていこうと思います!!!

ブロックチェーンとは何なのか?いまさら聞けない仕組みやメリットを解説

ブロックチェーンとは一体何なのか??

ブロックチェーンとは、ビットコインを守るセキュリティの壁のことです

ブロックチェーン技術を使うと、デジタルデータである仮想通貨が「盗まれない」「改ざんされない」のです

ブロックチェーンの基本的な仕組み

なぜ、ブロックチェーン技術を使うと、デジタルデータである仮想通貨が「盗まれない」「改ざんされない」のでしょうか

ブロックチェーンは「分散」してユーザー同士が管理し合う台帳

ブロックチェーンの分散型取引台帳システムとは
ブロックチェーンを簡単に表現すると、「みんなで管理する台帳」です

ブロックチェーンは「分散」しており、ユーザー同士が管理しています。

「分散型取引台帳」とも呼ばれています

金融機関を介さず、ユーザー同士でシステムを管理する構造です

ブロックチェーンは、複数のコンピューターで分散して管理されているため、ビットコインの取引ごとのリアルタイム更新には対応できません

なので、10分単位でまとめて承認作業が行われるという特徴があります

ブロックチェーンのメリット

1.ブロックチェーンは「中央集権化」を防げる

ブロックチェーンのメリット1つ目は、「中央集権化」が防げることでしょう

一元管理しないことによって、システムが実質的にダウンしない(分散することで他所で復旧できる)というメリットです

また、多くの利用者の間でブロックチェーンを共有しあうため、特定の管理者による独裁的にコントロールされないのもメリットです

2.ブロックチェーンは海外送金の低コスト化が実現する

2つ目のメリットは、特定の金融機関を介さないことによって海外への送金コストが大幅に削減できることです。

通常、金融機関を経由することで数百円から数千円の手数料が発生します。

かつては送金回数が増えるほどコストが嵩んでしまいました。

しかし、ブロックチェーンによってユーザー同士の直接的な送金が実現し、安価な手数料で送金が可能となりました。

手数料は取引量によって変化するため、確認が必要です。

3.ブロックチェーンはデータの改ざんを不可能にする

3つ目のメリットは、データの改ざんが実質不可能になることです。

先にも紹介してきたとおりブロックチェーンは暗号化され、分散して保存されています。

また、その暗号化されたデータは不可逆性があるため、特定することはできません。

意図的に改ざんすれば、分散したデータとの整合性が取れないため、すぐに不正が明らかになるのです。

まとめ

・ブロックチェーンとは、ビットコインを守るセキュリティの壁のこと

・ブロックチェーン技術を使うと、デジタルデータである仮想通貨が「盗まれない」「改ざんされない」

・ブロックチェーンは「分散」しており、ユーザー同士が管理していて、「分散型取引台帳」とも呼ばれる

コメント

タイトルとURLをコピーしました