仮想通貨取引所Coincheckの「Coincheck NFT(β版)」とは?メリットとは?

その他

はじめに

下のニュースにあるように、仮想通貨取引所Coincheckで、「Coincheck NFT(β版)」がリリースされました

「Coincheck NFT(β版)」、本日より提供開始 | コインチェック株式会社
「Coincheck NFT(β版)」、本日より提供開始

この記事では、「Coincheck NFT(β版)とはなんなのか?」「買うメリットとは?」を解説しようと思います

この記事を読むことで、「あの時NFTを買っておけばよかった」「もっと早く知っておきたかった」と言う後悔をしなくて済むかもしれません

仮想通貨取引所CoincheckのNFTとは?買うメリットとは?

Coincheck NFT(β版)とはなんなのか?

NFTとは

NFT(Non Fungible Token)とは、代替不可能なトークンのことです

代替不可能なトークンとは、唯一無二の「一点物」の価値を生み出せるトークンという意味で、現在ではブロックチェーンゲームにおいて主に活用されています

今はあまり知られていませんが、今後NFTはメジャーになっていくと考えられます

NFT自体については、この記事でわかりやすく解説しています

[仮想通貨]大解説!NFTとは何か?
はじめに近年よく耳にするNFT(非代替性トークン)とはなんのことでしょう?今回はNFT(非代替性トークン)について意味や特徴、どのように利用されるのかというところを解説していきます!NFTとは何かノン・フ...

Coincheck NFTはなぜ話題になるのか

「Coincheck NFT(β版)」は、数少ない日本語対応のNFT取引所で、NFTの出品・購入・保管が簡単だからと言えます

具体的なメリットについては、下に書きました

β版とは

β版とは、コンピュータ用語で、正式版をリリース(公開)する前にユーザーに試用してもらうためのサンプルのことです

そのため、Coincheck NFT(β版)は、現在が最終形ではなく現在はあくまでもパイロット版となります

言い換えると、広く宣伝されて多くの人に使われる前の早い段階でNFTを購入できると言うことです

Coincheck NFTのメリットとは?

CoincheckでNFTを買うメリットは、3つあります

・NFTの出品・購入

・保管が簡単 ・手数料(ガス代)が無料

・13種類の暗号資産(仮想通貨)で買える

NFTの出品・購入・保管が簡単

Coincheckの口座を持っていれば、NFTの出品・購入・保管が簡単にできます

私は、「Coincheck NFT(β版)」がリリースされる前から、海外のNFT取引所を利用してきました

海外のNFT取引所では、まず専用のウォレットを開設して、ウォレットにETH(イーサリアム)を送金して、それからやっとNFTと取引することができます

しかも英語サイトなので、慣れていない人には不自由な点が多いです

それに対して「Coincheck NFT(β版)」では、Coincheckの口座を持っていれば、NFTの出品・購入・保管が簡単にできます

手数料(ガス代)が無料

出品・購入のネットワーク手数料(ガス代)が無料です

暗号資産(仮想通貨)を買うときや送金するときに手数料がかかるように、通常はNFTの出品・購入に手数料がかかります

「Coincheck NFT(β版)」では、この手数料が無料です

13種類の暗号資産(仮想通貨)で買える

NFTの売買には13種類の暗号資産(仮想通貨)が利用可能です

通常はETHなど、NFT関連銘柄と呼ばれる特定の暗号資産(仮想通貨)でしか買うことができなかったりします

それに対して「Coincheck NFT(β版)」では、BTC、ETH、LSK、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM、QTUM、BAT、IOST、ENJの13種類の暗号資産(仮想通貨)で購入することができます

まとめ

Coincheck NFT(β版)の登場で、NFTをより気軽に利用できる環境が整いつつあります

興味のある方はコインチェックでアカウントを開設し、Coincheck NFT(β版)を試してみてはいかがでしょうか

Coincheck

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました