おすすめの暗号資産取引所はどこ?国内5社・海外2社を一覧比較してみた

日本国内や世界には、無数の暗号資産取引所があります

その中から、主要な暗号資産取引所を国内5社・海外2社厳選し、一覧比較しました

とは言っても、他のサイトを見てみると、取引所の比較記事ばかりで、「結局どの取引所がいいの?」となってしまいます

そこで、この記事では、「こんな人にはこの取引所がおすすめ」みたいに、シチュエーションごとのおすすめ取引所を紹介しようと思います

暗号資産取引所選びの参考になったら幸いです

暗号資産取引所|国内5社・海外2社の特徴を一覧比較

まずは、国内5社・海外2社の暗号資産取引所を一覧します

国内取引所

国内で有名な暗号資産取引所はこの5つです

テレビCMや街中の広告でその名前を見かけたことがある方もいるかもしれません

・Coincheck

・bitFlyer

・GMOコイン

・bitbank

・Liquid by QUOINE

それぞれの取引所の特徴を表にまとめました

国内取引所取扱通貨数手数料その他特徴
Coincheck16通貨取引所:0%/販売所:スプレッド取扱通貨数が国内最多
bitFlyer12種類取引所:0.01〜0.15%/販売所:スプレット取引量が国内最多
GMOコイン12種類取引所:-0.01%〜0.05%/販売所:スプレッド入出金・送金手数料が無料
bitbank9種類取引所:-0.02%〜0.12%/販売所:スプレッド手数料・スプレッドが小さい
Liquid by QUOINE5種類取引所:無料〜0.1%板取引に特化している

※スプレッド:販売所での売値と買値の差

海外取引所

海外で有名な暗号資産取引所はこの2つです

暗号資産トレードの上級者でないと、あまり聞き馴染みはないかもしれません

・bybit

・BINANCE

それぞれの取引所の特徴を表にまとめました

海外取引所取扱通貨数手数料特徴
bybit4通貨取引所:-0.025%〜0.075%使いやすく、トレーダーに人気
BINANCE260通貨以上取引所:0.05%〜0.1%世界最大の暗号資産取引所

おすすめの暗号資産取引所はどこ?

ここまで、国内5社・海外2社の暗号資産取引所を一覧してきました

「各取引所の特徴はわかった」

「結局、どの暗号資産取引所がおすすめなの?」

という人に向けて、

初心者

レバレッジ取引

アルトコイン・草コイン購入

ウォレットとして使う

自動売買

の5つのシチュエーションに分けて、おすすめな暗号資産取引所を紹介します

シチュエーション① 暗号資産初心者

暗号資産初心者におすすめな取引所は、「Coincheck(コインチェック)」です

Coincheckは2012年に設立された暗号資産取引所で、暗号資産交換業者として関東財務局に登録済みです

暗号資産取引所Coincheckの特徴は3つあります

・日本円で暗号資産が買える

・国内最多の16種類の暗号資産が買える

・アプリが使いやすい

スマホアプリで簡単に暗号資産を買えることや、アルトコインの暗号資産が豊富であるため、初心者におすすめです

※アルトコイン:ビットコイン以外の暗号資産のことで、これから伸びやすい

特に、暗号資産初心者で、ガチホ(長期投資)をしたい人におすすめです

公式サイトのリンクはこちら

Coincheck

Coincheckについて詳しく知りたい方はこちら

シチュエーション② レバレッジ取引

レバレッジ取引におすすめな取引所は、「bybit(バイビット)」です

レバレッジとは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることで自分が持っているお金の何倍もの金額を取引できる仕組みです

詳しく知りたい方はこの記事もご覧ください

bybitはシンガポールの暗号資産取引所です

暗号資産取引所bybitの特徴はこの3つです

・最大レバレッジが100倍

・取扱通貨は4種類(BTC、ETH、EOS、XRP)

・本人確認なし(未成年でも暗号資産を取引できる)

日本の取引所では考えられない「レバレッジ100倍」「本人確認なし」という特徴を持っています

レバレッジを100倍をかけられるため、トレーダーに人気です

このような特徴から、レバレッジをかけてハイリスク・ハイリターンでトレードしたい人におすすめです

公式サイトのリンクはこちら

bybit

bybitについて詳しく知りたい方はこちら

シチュエーション③ アルトコイン・草コイン購入

アルトコイン・草コイン購入におすすめな取引所は、「BINANCE」です

※草コイン:無名コインのことで、これから伸び代がある

BINANCEはモナコにある暗号資産取引所です

暗号資産取引所BINANCEの特徴はこの3つです

・取扱通貨数が260種類

・最大レバレッジが125倍

・手数料が安い(一律0.1%)

取扱数が約260種類と、BINANCEに行けばほとんどの暗号資産は買えると言っていいと思います

将来的に10倍・100倍となるような草コイン(知名度が低いコイン)を発掘してみるのも面白いかもしれません

アルトコイン(ビットコイン以外の暗号資産)や草コインを購入し、大きな利益を狙いたい人におすすめです

公式サイトのリンクはこちら

BINANCE

BINANCEについて詳しく知りたい方はこちら

シチュエーション④ ウォレットとして使う

ウォレットとして使う場合におすすめな取引所は、「GMOコイン」です

GMOコインは、東証一部上場企業である「GMOインターネット」が運営する暗号資産取引所です

暗号資産取引所GMOコインの特徴はこの3つです

・「販売所」「取引所」の両方がある

・レバレッジ取引ができる

・入出金、送金手数料が無料

GMOコインでは、日本円の入出金と、暗号資産の入出金・送金が全て無料になっています


暗号資産(仮想通貨)入金BTC出金ETH出金XRP出金
Coincheck無料0.001BTC0.01ETH0.15XRP
bitflyer無料0.0004BTC0.005ETH無料
bitbank無料0.0006 BTC0.005 ETH0.15 XRP
GMOコイン無料無料無料無料

入出金手数料の比較は、詳しくはこの記事に書いてあります

GMOコインを使うことで、手数料なしで暗号資産を出し入れ・管理をすることができます

そのため、暗号資産のウォレットとして活用することをおすすめします

具体的には、海外取引所では日本円で暗号資産を買うことができないため、GMOコインでビットコインを購入し、海外取引所に送金するような使い方におすすめです

公式サイトのリンクはこちら

GMOコイン

GMOコインについて詳しく知りたい方はこちら

シチュエーション⑤ 自動売買

自動売買におすすめな取引所は、「bitbank」です

bitbankは、ビットバンク株式会社が運営する2014年5月に設立された国内4番目の暗号資産取引所です

暗号資産取引所bitbankの特徴はこの4つです

・手数料、スプレッド(売値と買値の差)が小さい

・取扱通貨数は9種類

・アルトコインを「取引所」で購入することができる

・APIが使える

手数料・スプレッドが小さく、自動売買に必要なAPIも使えるため、自動売買におすすめの暗号資産取引所です

公式サイトのリンクはこちら

bitbank

bitbankについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

ここまでまとめてきた、5つのシチュエーションごとのおすすめな暗号資産取引所を一覧します

① 初心者Coincheck
② レバレッジ取引bybit
③ アルトコイン・草コイン購入BINANCE
④ ウォレットとして使うGMOコイン
⑤ 自動売買bitbank

最後に

主要な暗号資産取引所(国内5社・海外2社)厳選し、一覧比較しました

それぞれの取引所には強みと弱みがあり、特徴がさまざまです

用途・レベルに応じて上手に使い分けましょう!

タイトルとURLをコピーしました