仮想通貨FIL(ファイルコイン)とは?特徴は?

仮想通貨の種類と分析

暗号資産FIL(ファイルコイン)についてまとめました

FIL(ファイルコイン)は、明確に使い道がある暗号資産(仮想通貨)です

この記事を読むと、「FIL(ファイルコイン)とは?」「特徴は?」というギモンと解決することができます

暗号資産FIL(ファイルコイン)とは?特徴は?

FIL(ファイルコイン)とは?

FIL(ファイルコイン)とは、分散型ストレージサービスIPFSを支える暗号資産(仮想通貨)です

分散型ストレージサービスとは、あまり聞き慣れない言葉です

ストレージサービスの例として、GoogleドライブやiCloud、Dropboxなど聞いたことがあるのではないでしょうか?

分散型ストレージサービスとは、GoogleドライブやiCloud、Dropboxなどの、分散しているバージョンです

GoogleドライブやiCloud、Dropboxなどのサービスは便利ですが、中央集権の弱点があります

例えば、Googleドライブのデータを保存しているところがハッキングに遭ったら、データが盗まれたり消えたりしてしまいます

一方、分散型ストレージサービスIPFSでは、世界中でデータを保存しているため、データが消える心配はありません

このような、新しく安全なタイプの分散型ストレージサービスを支える暗号資産(仮想通貨)が、FIL(ファイルコイン)です

FIL(ファイルコイン)の特徴は?

暗号資産FIL(ファイルコイン)の特徴はこの2つです

・発行上限枚数がある

・ストレージを貸すともらえる

特徴1 発行上限枚数がある

FIL(ファイルコイン)には、発行上限枚数があり、200,000,000枚です

FIL(ファイルコイン)は、200,000,000枚以上は供給されないということです

すなわち、FIL(ファイルコイン)は「需要が増せば、その分だけ価格が上がりやすい」ということです

特徴2 ストレージを貸すともらえる

上に述べたように、FIL(ファイルコイン)は、分散型ストレージサービスと強い関係があります

GoogleドライブはGoogle社が持っている大きなパソコンに世界中のデータが保存されていますが、分散型ストレージサービスでは、そうではありません

分散型ストレージサービスでは、企業が大きなストレージを持つのではなく、世界中の人がストレージ(空き容量)を貸し合います

Googleドライブでは一部有料で、借りたい人がGoogleにお金を払うように、分散型ストレージサービスもお金を払います

ここで払う通貨が、暗号資産FIL(ファイルコイン)です

どの暗号資産取引所で買うことができるのか?

FIL(ファイルコイン)の買い方を紹介しようと思います

現在(2021年5月)、FIL(ファイルコイン)は日本の暗号資産取引所で購入することができません

そのため、海外の取引所で購入しなければいけません

FIL(ファイルコイン)が購入できる、おすすめの暗号資産取引所は「BINANCE」です

暗号資産取引所BINANCEには、

海外取引所の中でも使いやすい

260種類以上の暗号資産が取引できる(世界最

などの特徴があり、比較的マイナーであるFIL(ファイルコイン)を買うのにおすすめです

暗号資産取引所BINANCEについて詳しく知りたい方はこちら

他の暗号資産取引所も知りたい方は、この記事もご覧ください

まとめ

「暗号資産FILE(ファイルコイン)とは?特徴は?」について解説しました

まとめるとこんな感じです

FIL(ファイルコイン)とは、分散型ストレージサービスIPFSを支える暗号資産(仮想通貨)

特徴は、

・発行上限枚数がある

・ストレージを貸すともらえる

FIL(ファイルコイン)以外にも、暗号資産を紹介しているので、気になる方はこちらもご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました