ビットコインの日足データをPythonで収集する方法

自動売買

終値のデータの取り方

キノコードさんの動画で紹介されていたので、参考にしました

Pythonのpandas_datareaderというライブラリを使うと、日経平均や個別銘柄、仮想通貨などのデータを取得することができます

ライブラリ:便利なプログラムを集めてきて関数みたいにしたもの

import pandas_datareader

df = pandas_datareader.data.DataReader("銘柄の名前", "検索エンジン", "はじめの日付", "終わりの日付")

引数の1つ目は取得したい銘柄で、ビットコインと日本円のレートなので”BTC_JPY”

2つ目はデータソースの名前で、ヤフーを使用

3つ目と4つ目は期間で、日付を入れます

上のプログラムを実行すると、dfに、行が日付、列が各種データの、2次元のデータを取得することができます

試しに2020/12/09から2020/12/18までにして、データを取得してみました

df = data.DataReader("BTC-JPY", "yahoo", "2020-12-09", "2020-12-18")

列は左からビットコインのその日の高値、安値、始値、終値、出来高、調整後の終値です

高値(High):その日の最高値

安値(Low):その日の最安値

始値(Open):その日のはじめの値段

終値(Close):その日の終わりの値段

出来高(Volume):取引されたビットコインの量

調整後の終値(Adj Close):調整された後の終値(?)

自動売買プログラムには終値のデータが欲しいので、一番右の調整後の終値(Adj Close)だけを使います

最後に

これで、終値データの取得方法がわかりました

プログラムが2行でできるなんでさすがPythonですね(笑)

でもこれだけでは十分ではありません

先ほどdatareaderの3つ目と4つ目の引数に、適当な日付を入力しましたが、

df = pandas_datareader.data.DataReader("銘柄の名前", "検索エンジン", "はじめの日付", "終わりの日付")

はじめの日:今日から25日前

終わりの日:今日

とする必要があります

今日の日付と今日から25日前の日付をキーボードからいちいち入力しても良いですが、面倒なので、日付も自動で入力できるようにしたいです

なので、次は現在の日付の取得方法と、25日前の計算(日付の演算)方法を勉強しようと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました