暗号資産IOST(アイ・オー・エス・トークン)とは?特徴は?

仮想通貨の種類と分析

はじめに

暗号資産(仮想通貨)について調べていると「IOST」なんてものを目にしたことはないですか?

今回は、IOSTについての紹介と、IOSTがどうやったら買えるのかについて解説しようと思います

暗号資産IOST(アイ・オー・エス・トークン)とは?特徴は?

IOST(アイ・オー・エス・トークン)とは?

暗号資産IOSTとは、ブロックチェーン技術を様々なサービスで活用することを目指す暗号資産(仮想通貨)です

IOSTは、クレジットカードが利用されるのと同様のレベルで、ブロックチェーン技術が様々なサービスで活用されることを目指しています

IOST(アイ・オー・エス・トークン)の特徴は?

IOSTの特徴としては次の3つが挙げられます

・処理速度が速い

・セキュリティが強固

・Defiで使われる

処理速度が速い

IOSTは、処理速度が速いとされる暗号資産ETH(イーサリアム)に比べても、処理速度が早いです

2020年時点、イーサリアムのPoWはTPSが15に対して、IOSTは2,008です

TPSとは1秒間に処理できるトランザクション数を表す単位です

セキュリティ面が強固

暗号資産IOSTは、BTC(ビットコイン)と同じように、非中央集権型のブロックチェーンで動いているため、セキュリティが強固です

また、独自の合意形成アルゴリズムも採用しています

Defiで使われる

DeFiについて簡単に解説すると、現在の金融取引をブロックチェーン上で分散することです

中央集権的な仕組みが抱えるシステムダウンや外部からの脅威に対する耐性を上げると同時に、中央集権的な管理から財産管理の自由を守ることのできる仕組みです

このようなDeFiに使われています

IOST(アイ・オー・エス・トークン)の買い方

実は現在IOSTを買うことのできる取引所はただ1つです

それはコインチェックという取引所です

コインチェック

コインチェック

とりあえずIOSTを買いたいならコインチェックへGO!ということですね

おわりに

「暗号資産IOSTとは?」「特徴は?」について解説しました

この記事の内容をまとめるとこんな感じです

暗号資産IOSTとは、ブロックチェーン技術を様々なサービスで活用することを目指す暗号資産(仮想通貨)

特徴は、

・処理速度が速い

・セキュリティが強固

・DeFiで使われる

IOSTを買える場所→コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました