仮想通貨トレードをするならロスカット(損切り)を設定すべき!

トレード

はじめに

仮想通貨をトレードする上で、ロスカット(損切り)が重要になります

買った仮想通貨が値下がりをし、損失がでてしまった場合、損失が大きくなる前にその仮想通貨を売ってしまいます

これがロスカット(損切り)です

「100%勝つ」ことが保証できないトレードの世界では、ロスカットは「負けた時に生き残れるための術」とも言えます

ロスカット(損切り)を設定すべき

ロスカット(損切り)とは

ロスカット(損切り)をするのは、仮想通貨を買った後に値下がってしまった場合の話です

ロスカットとは、損失がある一定レベルに達したときに、損失の拡大を防ぐために、売ってしまうことです

仮想通貨を買った値段から、とんとん拍子に値段が上がれば問題はありませんが、期待に反して値段が下がってしまうこともあります

そんな時に、大きな痛手にならないように、早めにロスカットすることが重要です

最悪のシナリオ

ロスカットが大切と言っても、イメージがつかないと思うので、実際のシナリオを見てみましょう

仮想通貨の値段が下落し、売るかどうか迷う

戻りを期待してしまう

そのまま下落

点線の丸のとことで売る(=ロスカット)しておけばよかった!

ロスカットの方法

具体的に、どうなったらロスカットすればいいのか、方法を紹介します

ロスカットは、買値より5~10%下がったラインを目安にするのが一般的です

例えば、1ビットコインが6,000,000円の時に、10,000円分のビットコイン買ったとします

この時に、もしも10%下がってしまったら、すなわち

「1ビットコインが5,600,000円になってしまったらロスカットをするぞ」

と決めておきます

上がった場合

このまま6,000,000円から7,000,000円、、、と値段が上がった場合を考えます

ビットコイン価格が順調に上がれば、ロスカットすることなく、

10,000円が11,000円、12,000円、、、と、利益を得ることができます

下がった場合

もし、値段が下がってしまった場合を考えます

もし価格が下がってしまったら、さっき「1ビットコインが5,600,000円になってしまったらロスカットをするぞ」と決めたので、1ビットコインが5,600,000円のところで売ります

この時、10,000円が9,000円になります

損失が抑えられる

買値より5~10%下がったラインをロスカットの目安にすることで、大きくても10%しか失いません

これが、ロスカットをすることのメリットです

まとめ

ロスカットとは、買った仮想通貨が値下がりをし、損失がでてしまった場合、損失が大きくなる前にその仮想通貨を売ってしまうこと

ロスカットをすることで、最悪のシナリオを防げる

ロスカットは、買値より5~10%下がったラインを目安にするのが良い

参考



コメント

タイトルとURLをコピーしました