[仮想通貨] LTC(ライトコイン)とは?特徴と将来性は?

仮想通貨の種類と分析

仮想通貨LTC(ライトコイン)についてまとめました

LTC(ライトコイン)は非常に有名かつ仮想通貨の中では古株な銘柄です

そんなLTC(ライトコイン)は2021これから買いなのかを解説していきます

LTC(ライトコイン)とは?特徴と将来性は?

LTC(ライトコイン)とは?

ライトコインは元Googleエンジニア、Charlie Leeによって開発されました

LTC(ライトコイン)とは、一言で言うと、ビットコインの弟分の仮想通貨であり、ビットコインの短所をいくつか克服しています

例えば、LTC(ライトコイン)はBTC(ビットコイン )よりもスピーディーな決済が可能なことが挙げられます

ビットコインが金(ゴールド)に例えられるのに対して、ライトコインは銀(シルバー)に例えられます

LTC(ライトコイン)の特徴は?

LTC(ライトコイン)の特徴はこの3つと言えます

処理速度

発行上限枚数が多い

実用性

特徴1 処理速度

ビットコインの取引速度が約10分であることに対して、LTC(ライトコイン)は約2分半で取引することができます

LTC(ライトコイン)は、ビットコインの1/4の時間で取引を行う事ができると言えます

なので非常に実際の決済に使用する上で実用的です

特徴2 発行上限枚数が多い

ライトコインは少額でも取引を行えるように、発行枚数が多いことも特徴です

ビットコインが発行上限が約2,100万枚なのに対して、LTC(ライトコイン)の発行上限数は約8,400万枚です

LTC(ライトコイン)は、ビットコインの4倍の発行上限のがあると言えます

なのでビットコイン より価格の上昇は抑え気味ですが、現状このコインの価格は1LTC=20000円程度なので多く保有していれば利益も獲得しやすいです

特徴3 実用性

特徴2にあるように、LTC(ライトコイン)は、ビットコインに比べて扱いやすいコインです

ビットコインがほとんど投資目的で利用されているのに対してLTC(ライトコイン)は決済に利用されることが期待されます

この特徴を活かして、2019年6月18日にライトコイン財団より、デビットカードとなる「Litecoin BlockCard」が発表されました

下の記事にあるように、米国ではLTC(ライトコイン)専用のVisaデビットカードが誕生しています

米国でライトコイン(LTC)専用のVisaカード誕生
BlockCardは、ライトコイン(LTC)のネイティブVisaデビットをリリースした。デポジットされた仮想通貨銘柄をLTCに両替し、保有することを可能にする。

現在(2021年5月)、このデビットカードが使える国は米国に限られていますが、今後、全世界に広まっていく可能性は大いにあると言えます

ガチホ(長期投資)に向いている?

LTC(ライトコイン)は、ガチホに向いているのでしょうか?

LTC(ライトコイン)の特徴を思い出してみましょう

需要が伸びると予想

LTC(ライトコイン)の、処理速度が速く、発行上限枚数も多いという特徴から、実用性が高い仮想通貨と言えます

今後、キャッシュレス化が追い風となり、更にLTC(ライトコイン)が普及すると考えられます

普及すれば、認知度も上がり、さらにニーズが高まると考えられます

供給量は限られている

発行上限枚数が約8,400万枚と、世に出るLTC(ライトコイン)の量は限られています

そのため、価値が保存されやすい性質があります

ガチホに向いている

上に挙げた2つの特徴より、LTC(ライトコイン)はガチホに向いているのではないかと考えます

・需要が伸びると予想

・供給量は限られている

LTC(ライトコイン)以外にも、ガチホにおすすめな暗号資産を紹介しているので、この記事もご覧ください

LTC(ライトコイン)が買える暗号資産取引所は?

LTC(ライトコイン)の買い方を紹介しようと思います

現在(2021年5月)、LTC(ライトコイン)は、国内では主に以下の暗号資産取引所で購入することができます

・Coincheck

・bitbank

・GMOコイン

既にこれらの取引所に登録済みの方は、LTC(ライトコイン)を購入することができます

まだこれらの取引所に登録していない方は、登録することをおすすめします

どの暗号資産取引所にすべきか迷っている方は、この記事をご覧ください

まとめ

LTC(ライトコイン)とは、ビットコインの弟分の仮想通貨

特徴1:処理速度

特徴2:発行上限がある

特徴3:実用性

ライトコインのデビットカードが誕生し、将来性があると言える

需要が伸びて、さらに供給量も限られていることから、ガチホに向いている

LTC(ライトコイン)以外にも、暗号資産を紹介しているので、気になる方はこちらもご覧ください

コメント

タイトルとURLをコピーしました