[仮想通貨]仮想通貨の指値注文と成行注文について詳しく解説してみた!!!

トレード

はじめに

仮想通貨取引所で取引をする場合、

売買価格をあらかじめ指定する指値(さしね)注文と、市場価格で注文する成行(なりゆき)注文の2つの注文方法があります

違いが明確に分かりずらく感じると思いますが、

本を売る場合で例えると、成行注文と指し値注文の違いは、ブックオフで売るのか、メルカリで売るのかくらいの違いがあります

指値注文(=メルカリで売る場合)

先ほど書いたように、指値注文とは、売買価格をあらかじめ指定する注文方法です

本を売る場合に、フリマアプリのメルカリを使うようなものです

メルカリで売る場合、自分で価格を設定して、

例えば900円で出品するとします

900円で買いたい人がいれば売れるし、買いたい人がいなければ売れません

これが指値注文です

指値注文の特徴として、自分が売りたい値段で出品することができますが、その場ですぐに売れるとはらないことが挙げられます

成行注文(=ブックオフで売る場合)

市場価格で注文する注文方法が、成行注文です

ブックオフで本を売る感覚に似ています

ブックオフでは、自分で価格を決めることができません

決まった値段で

ブックオフが100円で買いますと言ったら、100円で売ることになります

これが成行注文です(成り行きに任せているから)

成行注文の特徴として、その時に必ず売ることができますが、不利な値段になってしまうことが挙げられます

使い分けることが大切

成行注文

「どうしても買いたい」「どうしても売りたい」というときに成行注文をするべきです

ブックオフのように、不利な値段になることはありますが、必ず買ってくれます

初めて本を売り買いするときは、ブックオフがおすすめなように、

初めて仮想通貨を売り買いするときは、成行注文がおすすめです

指値注文

「あの値段になったら買いたい」「あの値段になったら売りたい」というときに指値注文をするべきです

メルカリのように、その値段で買ってくれる人がいなければ売れませんが、自分の好きな値段で売ることができます

本を売り買いするのに慣れてきたら、メルカリがおすすめなように、

仮想通貨の売り買いに慣れてきた人は、指値注文にチャレンジするべきです

指値注文をうまく使いこなせれば、仮想通貨トレードの中級者へ第一歩と言えると思います

まとめ

成行注文(=ブックオフ):市場価格で注文する注文方法

必ず売りたい(買いたい)場合に成行注文をする

指値注文(=メルカリ):売買価格をあらかじめ指定する注文方法

好きな値段で売り買いたい場合に指値注文する

便利だからと成行注文ばかりするのではなく、成行注文と指値注文をうまく使い分けることが重要

コメント

タイトルとURLをコピーしました