[NFT]NFT関連銘柄とは何か?将来性とは?保有しておくべき?

分析

はじめに

NFT(非代替性トークン)は今、これまでにない盛り上がりを見せています

ではNFTはなぜこんなにも注目されているのか、そしてNFTに関係する仮想通貨とは?

それらを今買っておくべきなのかなどを解説していきます!

NFTとは

まずNFTとはなんなのかを軽ーくおさらいします

NFT(非代替性トークン)は文字通りに交換が効かないものということです

お金などの代替性トークンとは異なり、そのもの事態に固有の価値を持つという感覚です

詳しくはこちらの記事から



NFTとNFT関連銘柄について

NFTの関連仮想通貨銘柄とは主に

NFTをつくることができるブロックチェーンプラットフォーム上の基軸通貨を指します

簡単にいえばその仮想通貨のセキュリティシステムでNFTを作ることができるということです!

代表的なNFT関連銘柄である「Enjin Coin(エンジンコイン)」は、ブロックチェーンプラットフォーム「Enjin platform」で発行される仮想通貨(基軸通貨)です

NFT関連銘柄は買いなのか

NFT関連銘柄は今現在その機能性から2020から2021年にかけて爆発的に成長しています

そして、様々な分野でNFTが活躍し始めていて、大企業も次々とこの流れに参入して行っています

そういう状況もあり、NFT関連銘柄は非常に今買う価値のあるものと言えるでしょう






どのようにして選ぶべきなのか

投資対象を選ぶ際は、次のような手順で選ぶとよいでしょう

  1. NFT関連銘柄の時価総額を調べる
  2. 時価総額が比較的高いものに絞って、その特徴・将来性・取り扱われている取引所などを調べる
  3. 調べた情報を元に、自分自身で納得して投資できる対象を選定する

先ほども述べた通り、NFT関連銘柄は取引所に上場しているものだけでも100種類近くあります

それだけ種類があれば当然ながらそれらは違いが各々にあります

100種類近くあるものを一つ一つすべて精査して、自身の投資対象になりそうなものを選ぶのは非常に困難です

そこでまずは、それらの中でも時価総額および時価総額ランキングが高いものに注目しましょう

時価総額の高低からは、次のことが読み取れます。時価総額から読み取れること

  • 時価総額が高いもの⇒ある程度の需要と流動性があり、より安定した投資対象
  • 時価総額が低いもの⇒需要と流動性が低くボラティリティが大きいため、よりハイリスクな投資対象

時価総額が低すぎるもの、もしくは時価総額がそもそも把握できていない仮想通貨への投資は、ギャンブルとも言えるほどハイリスクハイリターンになってしまう場合もあるため、あまり推奨しません

そのため、時価総額がある程度高いものに投資対象を絞りましょう

時価総額で仕分けして数を絞れたら、次はそれら1つ1つに対して、その特徴・将来性・取り扱われている取引所などを調べて、自分で納得して投資できるものを選び抜きましょう

なお、NFT関連銘柄の時価総額とそのランキングは、仮想通貨の価格情報サイト「CoinGecko」で確認することができます


https://www.coingecko.com/en

CoinGeckoでは特定の分野に関連した仮想通貨をフィルター検索することができるので、トップ画面で「NFT」を選択すれば、NFT関連銘柄のみを時価総額順でチェックすることができます






最後に

NFT関連銘柄はその機能から2020年から2021初頭にかけて非常に注目され伸びています

時価総額などの情報をもとに自分の状況に合ったコインを保有することはこれからの仮想通貨業界で非常に優位にトレードすることが可能になるかもしれません






コメント

タイトルとURLをコピーしました