PythonからLINEを送れる

自動売買

キノコードさんの動画で、PythonプログラムでLINEを送る方法が紹介されているものがありました

ビットコイン売買プログラムに応用できそうだと思ったので、動画を見てみました

LINEのAPIを使う

仮想通貨取引所と同じく、LINEもAPIを使うことで、プログラムからメッセージを送ることができます

APIとは、Application Programing Interfaceの略で、

Application(:仮想通貨取引所)とPrograming(:自分が作ったプログラム)をつなげるという意味です

動画を参考にして、LINEのAPIキートークンを取得しました

これらが何か詳しくはわかりませんが、プログラムからLINEにアクセスするときのIDとパスワードみたいなものだと解釈しました

実際にメッセージを送っている

ライブラリrequestsのメソッドpostを使うと、LINEのサーバーに指令やデータを送ることができます

引数は左から

・APIキー(URLの形をしている)

・トークン(辞書型データ)

・送りたいメッセージ(辞書型データ)

LINEに「test Python -> LINE」と通知が届くはずです

PythonプログラムからLINEが届いた

スマホのLINEアプリの画面です

LINE Notifyというトークルームにメッセージがちゃんと届いています

どう応用するか

取引の結果をLINEで通知したら、便利だと思います

send_contentsのところに買ったなら「買った」、売ったなら「売った」と書くことで、ユーザーに状況を知らせることができると思います

必要に応じて、買ったビットコインの枚数や時間などもメッセージに追加できると思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました