[仮想通貨]ビットコインとアルトコインについて今だからこそ!知っておくべき基本情報!!

その他

はじめに

近年、ビットコインはまたバブルの再来ということで非常に注目されていますが、まだまだ世間での関心は低い様で危険で不安定という認識をされていると思います。

そこで!今回はビットコインのその将来性について、さらに、アルトコインというビットコイン よりかマイナーな通貨の解説をしていこうと思います!

ビットコインって実際どんなもん?

ビットコインとは何か、ひとことで言えば「仮想通貨」です

「仮想」の「通貨」です。まず、「通貨」ということからも、「コイン」ということからも分かる通り、ビットコインはお金です

円やドルというように、「お金」であることには変わりありません

「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します

ビットコインの単位は、BTC と表記されます。1円や1ドルのように、1BTC(1ビットコイン)と、数えることができます

しかし、「仮想」ということから分かる通り、円やドルとは違って、手にとって目に見える姿形が存在しません。大きく「B」と書いてあるコインが存在するわけではないのです

ビットコインは、「仮想」の「通貨」です

ビットコインて安全なの?

ビットコインはしばしば、その仮想通貨という名前や性質上その安全性が疑われます

その気持ちはよくわかりますが、結論から言って今やビットコインは金に並ぶ安全資産と言えるでしょう!

でも、どうしてそう言えるのか。それは大きく二つの理由があると思います。

ブロックチェーンのおかげ

ブロックチェーン技術は、分散型台帳と呼ばれる巨大な帳簿で管理される仕組みとなっています



ネットワークにつながっている世界中のコンピュータが同じデータを保有しており、分散してデータを管理することからそのように呼ばれています

つまり、ビットコイン 全体のデータが大人数の管理者(コンピューター)によって管理されているので、裏で誰かスゴイ悪いやつがデータを改ざんして不正をしにくい構造になっているというわけです

マイニングのおかげ

ビットコイン(BTC)の取引はマイナーと呼ばれる人たちに承認されることから、分散型の合意システムとなっています。

そのため、特定の国や企業の意向を受けることはないと考えられています。

分散してデータを管理する仕組みをとっているため、ハッキングや自然災害、停電などでどこか1カ所のデータが失われても、他のコンピュータが動いていれば、全体としてのシステムは問題なく稼働できます。

つまり、繰り返しにはなりますが、管理の権限が分散されているのであらゆる世界情勢の影響やサイバー攻撃のを受けにくいということです!


https://www.kinomiya.tech/infoforbeginner/what_is_mining/

もちろんリスクもある

まず、株よりも仮想通貨の方が価格変動が激しいという特徴があります

ただし、大きな価格変動は株式市場でも同じことが起こります

例えば、企業のトップの不祥事や法律違反などの問題が起こった場合に、株価は大きく下落します

逆に画期的なサービスが開発されたり、業績が上がった時は、連日大きく株価が上昇することもあります

ただし、株式の場合は1日での株の上昇や下落など範囲が決まっているため、株価がその上限まで下落したら価格がストップする仕組みになっています

しかし、仮想通貨は株価のように上昇や下落の範囲が決まっていないので、上がるときはとことん上がり、下がるときもどこまでの下がり続けてしまいます

これらが、仮想通貨が株価とは違う値動きを引き起こす理由となります

仮想通貨は将来性を高く評価されていることもあってか、ここ数年で価値は高まってきていますが、世界的な様々な規制やトラブルなどによって、仮想通貨の価値が急激に下がったりすることもあります

このような仮想通貨の特徴を頭に入れた上で、仮想通貨は取引をすることが重要です

じゃあどうすりゃいいのよ

1. 仮想通貨の勉強をしてから仮想通貨投資に参入する

まず、SNSなどで『仮想通貨でこんなに儲かった!』『今、仮想通貨を買わなければ分かれば損をする』といった意見をそのまま鵜呑みにして、仮想通貨投資に参入するのはリスクがあります

中には信頼性の高い情報もありますが、一方で、投資の知識がない人をターゲットにした詐欺事件も過去に何度か起きています

SNSやインターネット、本や雑誌などを活用して、ある程度仮想通貨の情報を収集してから、仮想通貨への投資を始めるのが良いでしょう


https://www.kinomiya.tech/infoforbeginner/cryptocurrencysuperbasic/

2. 最初は少しの金額から購入する

また、最初から大きな金額を購入すると、それなりのリスクも伴いますので、まずは少額ずつ購入することをオススメします

ビットバンク の販売所では数百円から仮想通貨の購入が可能で、取り扱いの仮想通貨も7種類ありますので、少しずつ自分が気になった仮想通貨を購入することができます

アルトコインてなんすか?

アルトコインとは、Alternative Coin(代替のコイン)の略で、ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)の総称です。

ほとんどのものはビットコインを基にしたものであり、根本的な仕組みはビットコインと変わりません

全世界で 1,500 種類以上のコインが作成されていると言われています

代表的なアルトコインにイーサリアム、リップル、日本発祥のモナコインなどがあります

まあ、ほんとに簡単にいうなら、ビットコインとそれ以外のコインと思っといてOKですね!


https://www.kinomiya.tech/infoforbeginner/shouldknowabouktbitalt/

どんな特徴があるの?

実はビットコインもアルトコインも同じ仮想通貨の仲間なので、それらの特徴も共有しています

例えば、中央管理者がいないこと、ブロックチェーン技術を持つこと、価格の変動が激しいことに挙げられます

ビットコインとの違いは?

少額投資が可能

アルトコイン投資の1つ目のメリットは、少額から投資できることです

例えば、国内取引所のビットバンク では、最小で500円からアルトコインを購入することができます

ビットコインをはじめとして、仮想通貨の価格は高いというイメージを持っている人も多いでしょう

しかし、実際には少額から購入することが可能なのです

価格が上昇する可能性

アルトコイン投資の2つ目のメリットは、今後価格が大幅に上昇する可能性があることです

例えば、一部のアルトコインでは、発行時の価格から一時1230倍まで価格が上昇したこともあります

この時にもし10.000円ほどコインを持っていれば1230倍なので1230万円になります!

そのコイン機能や性能が優れていると認められたことから、ここまでの値上がりを実現しました

こうした点からも、他のアルトコインでも今後大きく価格上昇する可能性があると言えるのです

分散投資

アルトコイン投資の4つ目のメリットは、分散投資ができることです

2020年7月現在、アルトコインは様々な種類のものが存在します

これらのアルトコインに分散して投資をすることで、価格の変動による損失リスクを下げることが可能です

例えば、1つのアルトコインで1万円の損失が出ても、他のアルトコインで1万円の利益が出ていれば損失は0円になります

こうした分散投資を上手く使うことで、より安全なアルトコイン投資が可能となるのです

まとめ

今回は近年また話題に上がる仮想通貨について解説しました

主に、ポイントはビットコインは正しい知識を持ち運用すれば決して危険なものではないということ!

さらに、現在はアルトコインという通貨により、より未来的に可能性があり、それでいて低リスクな投資が可能になっているということです!






コメント

タイトルとURLをコピーしました