[暗号資産(仮想通貨)]USDT(テザー)とは?特徴と将来性は?

仮想通貨の種類と分析

仮想通貨USDT(テザー)についてまとめました

この記事を読むことで、

・USDT(テザー)とはどんな暗号資産なのか?

・特徴や将来性はあるのか?

を知ることができます

USDT(テザー)以外にも、暗号資産を紹介しているので、気になる方はこちらもご覧ください

仮想通貨USDT(テザー)とは?特徴は?

USDT(テザー)とは?

仮想通貨USDT(テザー)とは、一言で言うと、米ドルと同じ価値を持つ暗号資産(仮想通貨)です

仮想通貨USDT(テザー)は、米ドルの価値に連動させているペッグ通貨であり、1ドル(USD)がほぼ1USDTになるように固定されています

仮想通貨USDT(テザー)を発行しているテザー社が、発行しているUSDT(テザー)と同じ量の米ドルを保有しているため、ほぼ同じ価値を保っています

USDT(テザー)の特徴は?

米ドルと価値がほぼ同じがゆえに、このような3つの特徴があります

・価値の大きな変化がない

・中国人が愛用

・中央集権

特徴1 価値の大きな変化がない

米ドルと価値がほぼ同じであるため、価値は大きく変化しません

USDT(テザー)は、価値は大きく変化しないステーブルコインであるため、投資先としては向いていないと言えるでしょう

しかし、ステーブルコインであるUSDT(テザー)を基軸にして、トレードをすることができます

特徴2 中国人が愛用

中国国内では、仮想通貨が禁止されており、人民元でトレードをすることができません

そこで、中国人たちは、価値の大きな変化がないUSDT(テザー)を基軸通貨として、トレードをしています

特徴3 中央集権

USDT(テザー)はテザー社が発行・管理する仮想通貨であるため、中央集権型と言えます

中央集権者であるテザー社が「破綻」や「不正」、「米ドルを預けている銀行が破綻」、「ハッキング」などされる可能性もあります

この場合、1USD=1USDTが保証されなくなってしまうリスクもあります

まとめ

USDT(テザー)とは?特徴と将来性は?について解説しました

まとめるとこんな感じです

仮想通貨USDT(テザー)とは、米ドルと同じ価値を持つ仮想通貨

特徴1 価値の大きい変化はない

特徴2 中国人が愛用

特徴3 中央集権

USDT(テザー)は、価値は大きく変化しないステーブルコインであるため、投資先としては向いていない

コメント

タイトルとURLをコピーしました